リフォームの勧め

大切に使っていても、傷んできたり、知らないうちに物が増えて住みにくくなってきたりします。

そんな時、少し手を加えるだけで快適にもなりますね

 

実行① 整理整頓してみる

 

検討② 無駄なもの、無駄に使っている空間を特定

 

実行③ 使わないものは処分、(思い出の品は写真として保存)

 

検討④ 自分が快適に生活できる状況を想像してみる(家事が楽になる。時間に余裕ができる)

 

実行⑤ 家族に相談、意見調整しポイントを絞る

 

実行⑥ 専門家に相談、見積もり依頼する

 

検討⑦ 予算を検討、「いくら」ぐらいなら「貯金」でそれ以上なら「リフォームローン」とゆう方法もあります。

 

理由付け 傷んできたし、こうすれば、家族みんなが「便利」で「気持ちよく生活」できる みんなが快適

    

ココロ温まる「リフォームのプレゼント」

・「お風呂の好きな、隠居した、おじいさん」に息子さん夫婦から、「お風呂のリフォーム」

 

・「お料理好きな奥様」にご主人さんから、「キッチンのリフォーム」

 

・「子育て・家事で忙しい若奥様」にご両親から、天気を気にしないで洗濯できるように「アウタールーフテラス」

 

・「車好きなご主人さん」に奥様から、「ガレージのリフォーム」 

 

 

   4番目は疑惑がありますが、すべて「実話」です。粋なお話で、感動しました。

   「家族」が「家族」をきちんと「リスペクト」そうありたいですね。

 

水回り

キッチン・お風呂・トイレ

収納

季節ものや日常使うもの等分類して収納

すぐ出し入れできる状態等、工夫一つで

快適空間に変身できます。

建物もお色直し

女性が年齢によって化粧品を使い分けるがごとく、建物も材料によって経年劣化が進みます。使用材料それぞれに時期も違って適時対処が必要になります。